• 29th 7月
    2014
  • 29

「良いデザイン」は「○○だから良い」と理由を説明できない。

また、説明されるとしてもそれは全て感想であって再現性がないので科学とは言えない。


つまりデザインの説明からは、可逆的ではない感想しか引き出せない。


それに比べると、カメラの性能は「1000万画素だから良い」と説明できるし、これが説明できることによって、1000万画素が2000万画素になれば単純に二倍の性能になった、と誰でも理解できる。つまりこの説明は可逆的である。


ところがそのカメラで撮影した写真が「良い写真」なのかどうか、誰も説明ができない。

写真にもセオリーがあり、構図の三分割法とか、適正露出とか色々だが、そうしたセオリーを忠実に守るだけで「良い写真」に近づくのは事実だ。


しかし本当に「良い写真」というのは、しばしばそのセオリーを崩したところで生まれたりする。

それを「良い」と思う感覚質は、可逆的な説明をすることができない。


そのとき僕は電通で重役秘書をやっていた、という女性と食事したときの会話を思い出した。

彼女は仕事柄、上司について出張に同行することが多いのだと言う。


結果として世界中、さまざまな企業の経営トップと会うことになったが、会社によって応接室やショウルームといったものに経営トップの個性が非常に出るのだと言う。


彼女曰く、「応接室を見ればその会社の質が解る」というのだ。


ある大企業の応接室は、彼女に言わせれば「貧乏な田舎者が考えた、”都会のお金持ちの生活”」なのだという。超一流の家具で揃えられ、明らかにお金が掛かった応接室だ。しかしその配置や、使われ方が「いちいち貧乏臭い」のだという。

また別の中規模の企業の応接室は、「素晴らしいホスピタリティに溢れた最高のエクスペリエンス」なのだという。その会社はあまり有名でもないし、規模が大きいわけでもないが、ある部品の製造では世界トップの品質なのだという。応接室に使われている家具はさほど値段の張るものではないが、部屋に入って来たときの導線から、在室中、お客様が快適に過ごせるようにあらゆるモノの配置を考え、配膳されるお茶の内容にまで拘った素晴らしいものだったと。


この話は僕に大きな衝撃を与えたし、興味をそそられた。

「それは素晴らしい知見だ。一体どんな文献を読めば、あなたのいうようなことが解るようになるのか」と思わず聞いてみて、それから「しまった!」と思ったがあとの祭りだった。



 「あなたバカじゃないの? 本を読んで覚えようなんて発想が、そもそも貧相な田舎者。いい?それを知りたかったら、自分でお金を払って、一流の家具やサービス、ハーマンミラーイームズや、ファーストクラスや最高級のスイートルームを体験する。それが一流と呼ぶに相応しいものかどうか、自分で判断するのよ」



ガーン、だった。

僕は飛行機はエコノミー派だし、ホテルなんて寝るとこさえあればいいや、とそうした無駄に高いサービスを体験することを避けていた。


しかし、そのやり方では、「一流のもの」を見抜く感覚は永久に育たないと思ったのだった。

  • 29th 7月
    2014
  • 29
原田氏:
 変身などのファンタジー要素を前面に出してしまうと,未就学児向けになってしまうんです。ですから,本作は職業としてのアイドルを,できるだけリアルに再現するようにしています。オーディションやライブ,ファッションショーといったお仕事は,すべてリアルに存在するものですから。

4Gamer:
 対象年齢が上がってくると,そういったリアル寄りの設定が求められると。

廣瀬氏:
 女の子達は,とくにリアルさに敏感です。ファッションにだって,小学校低学年くらいから興味を持ち始めますし,そういう現実とリンクしている感覚は,欠かせないものなんです。

4Gamer:
 ちなみに,男の子の場合は違うんでしょうか?

廣瀬氏:
 男の子は……大きくなっても,変身とかずっと好きですから(笑)。女の子のほうが,ずっと現実的なんですよ。その辺りの描き方は,アニメチームとも常に意識を共有するようにしています。
  • 29th 7月
    2014
  • 29
  • 29th 7月
    2014
  • 29
  • 29th 7月
    2014
  • 29
  • 6th 7月
    2014
  • 06

525: 俺より強い名無しに会いにいく@\(^o^)/ 2014/07/05(土) 22:14:25.41 ID:lZoFaR020.net
綾野「みなさん100万円ほしいですか?」

※チャリティカップでのコメント

600: 俺より強い名無しに会いにいく@\(^o^)/ 2014/07/05(土) 22:15:47.45 ID:01utzCAY0.net
チャリティイベントで唐突に金ほしいですかとか言い出す池沼やばない?

  • 4th 7月
    2014
  • 04
emillu:

NEW PALLETS!!!!!! Pleeaaassse send a number and character if your interested! I’m super excited about all these new colors! Ive gone through all the other ones on the last pallet! So send them if you like!!! I love doing this to show my appreciation for and thank all of my awesome followers!!! And its a good distraction and project for me right now. 
Thank you guys! I LOVE YOU
GO AHEAD AND SEND THEM!

emillu:

NEW PALLETS!!!!!! Pleeaaassse send a number and character if your interested! I’m super excited about all these new colors! Ive gone through all the other ones on the last pallet! So send them if you like!!! I love doing this to show my appreciation for and thank all of my awesome followers!!! And its a good distraction and project for me right now. 

Thank you guys! I LOVE YOU

GO AHEAD AND SEND THEM!

(出典: fallenzephyrart)

  • 6th 6月
    2014
  • 06
  • 5th 6月
    2014
  • 05

小学生の時、アメリカ人のチームと野球した。ライト前ヒットを打たれ、バッターランナーが2塁まで走ったからライトが2塁に送球したら明らかにアウト。アメリカ人は構わず3塁に走る、3塁に送球する無垢な日本人。明らかにアウト。無視して本塁に走るアメリカ人、本塁に送球する日本人。明らかにアウト。でもセーフを主張するアメリカ人。

日本人が、そもそも、2塁もアウトだったと言ったら「なぜ3塁に投げた?なぜ本塁に投げた?」と言い募るアメリカ人、

これこそが国際社会。

これこそが【従軍慰安婦問題】の本質なんだよ。

「強制連行は無かった。」以上。であるべき。だし、
「2塁はアウト」以上。であるべき。なんだよ。

強制連行した証拠を出せ、
2塁がセーフのビデオを出せ、と言うべきなんだよな。

「他国も慰安婦が居た。と主張する日本人。」は
「3塁に投げる日本人。」だし、

「韓国はベトナムで虐殺、レイプした。と主張する日本人。」は
「本塁に投げる日本人。」なんだよね。

全部、相手がアウトなんだけど、いつの間にか、2塁がアウト、という事実は無視されて、
相手に得点が入っている状態。

「強制連行は無かった。あったと言うなら証拠を出せ。」これに固執しよう。

そもそも、全く無い話なんだよ。

(via shinjihi)

(syanaashから)

  • 5th 6月
    2014
  • 05
最近、マックのノートパソコンを購入したばかりで、
しかもいまファミレスでドリンクバーを飲みながら、マックのパソコン使っている。

ちなみに、私がこのノートパソコンを買ったのは、
事務所以外の移動時間で仕事ができるためだ。事務所じゃないと仕事ができないという制限から自分を開放するために、このノートパソコンを買った。


こういうことを言うと、サラリーマンの人は、
「贅沢だな。どこでも仕事ができて」という。

でも、実は少し違う。
私は、移動時間や待機時間を自分の好きなように時間を使うことよりも、
仕事をすることを選んだからこそ、ノートパソコンを買った。
自由に仕事が出来るというのは、自分の本当に遊んだり休んだりする時間が減るってことなのだ。

これは、ノートパソコンを買ってみて、初めて気がついた。


私たちは、自分を開放したいといつも考えている。
社会生活を送っていて、その中で人と関わるとき、どこか自分を偽っているような不自由感を感じているのではないか。

そして、その不自由からの開放は、金曜日の夜の山手線にあらわれる。


酒臭い!!!!!酔っ払ったおやじがうるさいー!!!サラリーマンの兄ちゃんが嘆いている!!


とにかく、すごいことになっている。上京して一番カルチャーショックを受けた出来事だった。


また、山手線は人身事故がめちゃくちゃ多い。
死んだら自由になると思って、生きている体を100%不自由にする。


私たちは、抑圧されている感じを描くと、それを開放するときに、
何かを犠牲にして、何かを不自由にする。

そして、開放するという自由を得る。


抑圧から開放するとき、ほうっておくと好き勝手に開放してしまう。
それは、開放すること自体が目的だから、結果にビジョンがないのだ。


結果にビジョンがあれば、キャバクラも、クラブも風俗も、そういうものはないだろう。
麻薬も覚せい剤も今ほど浸透しない。

まとめると、自分を開放すること自体が目的になると、闇の世界に身も心も突っ込んでしまうことがある。